2021.02.05

リアルテックファンドの出資先である

QDレーザが東証マザーズへ新規上場

 リアルテックホールディングス株式会社(所在地:東京都墨田区、代表:丸幸弘、永田 暁彦)が運営するリアルテックファンド*の出資先である、株式会社QDレーザが東京証券取引所マザーズ市場に新規上場いたしました。

 

 QDレーザ社は、最先端の半導体レーザ技術による通信・センシング・加工用のレーザデバイスや、レーザ網膜投影技術を用いた視覚障害者向けアイウェア事業を手掛けています。同社の網膜走査型レーザアイウェアは網膜に直接画像を投影し、装着者の視力やピント位置に影響を受けることなく画像や映像を見せることで、視覚に障がいのあるロービジョンの方などに対する視覚支援が可能です。

 

担当者コメント(リアルテックファンド グロースマネージャー 山家 創)

 QDレーザ社のレーザ技術に初めて触れた際、その革新性・新規性はもとより、確かな社会実装を支える製造・量産技術の高さに驚かされました。シリコンフォトニクスを始めとする産業の進化、そして網膜走査型レーザアイウェアによる人の可能性の拡がりは計り知れません。

 リアルテックファンドは、同社のレーザ技術が人類の進歩に貢献し、「人の可能性を照らし」続けて行くと信じています。

QDレーザ概要

  • 会社名:株式会社QDレーザ(QD Laser, Inc.)

  • 設立:2006年 4月

  • 事業内容:半導体レーザ、網膜走査型レーザアイウエアおよびそれらの応用製品の開発・製造・販売

  • 本社所在地:神奈川県川崎市川崎区南渡田町1番1号京浜ビル1階

  • 代表取締役社長:菅原 充

  • URL:www.qdlaser.com

 

QDレーザ社からのお知らせは以下をご覧ください。

https://www.qdlaser.com/news/653/

 

*正式名称:「リアルテックファンド1号投資事業有限責任組合」