技術の力を、未来の力に。

世界を変えたい。未来を変えたい。

技術に身を賭す者は誰だって、 そう心に誓い、寝る間を惜しみ励む。

けれど、大半は夢なかばで消えていく。

技術には無限の可能性がある。ただ、それだけで世界が動くことはない。

資金や知恵、経験、世の中の理解が なければ、

どんなに素晴らしい技術で あっても、未来の役に立つことはない。

100年後の豊かな地球を支える。

そんな技術を見極め、必要なすべてを 研究開発型ベンチャーに

惜しみなく注ぎ、 世界を変える力に育て抜く。

技術を信じるすべての人へ。

誰よりも技術の可能性を信じる リアルテックファンドが、そばにいる。

 
日本最大のリアルテック特化型
ベンチャーキャピタルファンド

「リアルテック」とは、地球と人類の課題解決に資する研究開発型の革新的

テクノロジーを指します。私たちはこの「リアルテック」という領域に特化した日本最大のベンチャーキャピタルファンドを運営し、地球や人類の課題解決を目指すリアルテックベンチャーへの投資育成を行っています。

新素材

航空宇宙

医療・医療機器

AI

IoT

ロボティクス

エレクトロニクス

バイオ

​アグリ

環境・エネルギー

リアルテックに身を捧げてきた
私たちだからこそ、できることがある。

リアルテックベンチャーとして東証一部上場を果たしたユーグレナ。

ユーグレナなど200社以上の事業化を支援してきたリバネス。

ユーグレナやサイバーダインを上場させたSMBC日興証券。

そして、リアルテック業界を長年に渡り牽引してきた大企業群が、

100年後の豊かな地球を支えるリアルテックベンチャーを育てます。

リアルテック領域において最もお金が集まりにくい創業前やシード・アーリー期からの支援

リアルテック領域において最もお金が集まりにくい、シード・アーリー段階にあえて比重を大きくした投資を実施します。技術開発から製品、サービス化へ至るところに最もリスクマネーが届くべきであると考えているからです。

また、企業および技術評価において、技術的理解、事業的先進性の理解が必要である領域であるからこそ、我々のようなリアルテックファンドが必要であると考えています。
さらに、創業前の技術者、事業アイディア保有者と会社を設立するところからの支援も実施します。

リアルテックファンドは経済産業省とNEDOの認定ファンド

リアルテックファンドは経済産業省とNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)から共に認定を受けているベンチャーキャピタルファンドです。

経済産業省より「ベンチャー投資推進税制」に準拠したファンドとして、国内第2号目の認定を受けました。NEDOからは「研究開発型ベンチャー支援事業」(STS事業)の認定VCとしての認定を受けています。

STS事業では、認定VCであるリアルテックファンドが推薦し、NEDOに採択された研究開発型ベンチャー企業は、その事業化に関わる資金の1/3をリアルテックファンドの出資金として、2/3(最大7,000万円)をNEDOからの助成金として支援を受けることが可能です。

ファンド概要

ファンド正式名称

リアルテックファンド 1 号投資事業有限責任組合(A)、リアルテックファンド 2 号投資事業有限責任組合(A)、リアルテックファンド 3 号投資事業有限責任組合(A)、リアルテックグローバルファンド 1 号投資事業組合(B)

無限責任組合員

A)合同会社リアルテックジャパン

業務執行組合員

(B)リアルテックホールディングス株式会社

出資約束金総額

94億円

運営会社概要

会社名

リアルテックホールディングス株式会社

合同会社リアルテックジャパン

資本金

5,000万円

設立

2014年12月26日

代表者

代表業務執行役 永田 暁彦

事業内容

投資事業

インキュベーション事業

所在地(本社)

〒130-0003
東京都墨田区横川1-16-3
センターオブガレージ Room02

(大阪支社)

〒552-0007
大阪府大阪市港区弁天1-2-1
大阪ベイタワーオフィス6階

© 2020 Real Tech Holdings Co.,Ltd.

  • Facebook
  • Twitter