リアルテックファンド、食品素材の特徴を非破壊で認識するプラットフォームを構築するシンガポール発ベンチャー、ProfilePrintに投資


↑ProfilePrintのポータブルデバイスとソフトウェアシステム



 リアルテックホールディングス株式会社(所在地:東京都墨田区、代表:丸幸弘、永田暁彦、以下:「当社」)が運営するリアルテックグローバルファンド※は、ProfilePrint Pte. Ltd.(本社:シンガポール、以下:「ProfilePrint」)への出資を実施したことをお知らせします。ProfilePrintは、非破壊かつ短時間で食品素材の特徴を認識する独自のAI技術を用いて、これまで主観で行われてきたB2B食品サプライチェーンの品質・価格決定を最適化することを目指しています。当社は、日本の事業会社や研究機関との連携を促進し、「安心・安全で美味しい食文化の創出」の実現を支援して参ります。


 茶葉・カカオ・コーヒー・ハーブ・香辛料などのB2B食品サプライチェーンは品質・価格決定において、長年にわたってアービトラージ(裁定取引)を行ってきました。そのプロセスは煩雑で一貫性がなく、産者集荷業者、卸売業者、製造業者、小売業者など多くのプレイヤーの主観で行われてきております。トレーダーが必要な商品を理解してマッチするまでの販売サイクルは長く、高価な在庫・オペレーションを維持するために莫大なマージンを得ていることも重なり、生産者の利潤確保が十分にできていない構造的課題が存在しています。


 従来のガスクロマトグラフィーやスペクトロメーターなどの高度化学分析装置は、精度の高い測定ができる反面、時間やコストがかかり、現場導入が十分に進んでいませんでした。そこでProfilePrintは、幅広いスペクトルを照射するポータブルデバイスを開発し、非破壊でバイヤーの求める食品素材の特徴を認識する独自AIを構築してきました。茶葉・コーヒー・カカオ・ハーブ・スパイスなどの素材データを蓄積することによって、各バイヤーの必要要件を満たす機械学習モデルを構築しており、短時間でのレコメンド・マッチングを可能としています。


 ProfilePrintは、シンガポール科学技術研究庁(ASTAR)での研究成果を元に、PEファンド/VCファンドで20年近い経験を持つAlan Lai氏と150年近く続く大手ファミリービジネスの継代者であるRehan Amarasuriya氏が2018年に共同設立しました。3年以上の開発期間を経て、2021年にはスリランカ・アメリカ・中国・東南アジア全域の食品ブランドやメーカー、商社にソリューション提供を開始しました。各社はポータブルデバイスをレンタルし、求める食品素材を解析することによって、類似素材のレコメンド・マッチングを受けることができます。今後は、素材の売り手・買い手双方のデータベースを元に検索プラットフォームを構築することによって、サプライチェーンの品質評価・価格決定プロセスを最適化していくことを目指します。


 当社はグループ会社であるリバネス・シンガポールがシンガポール企業庁と共同開催しているEnter to Japan Market Programなどを通して、かねてより信頼関係を築いてきました。本ラウンドでは、当社に加え現地VCや大手事業CVCが参画しており、各社とのシナジーを活かした事業開発を展開していきます。 



※:正式名称:「リアルテックグローバルファンド1号投資事業組合」



■ProfilePrint Pte. Ltd.(シンガポール)について

  • 設立年月:2018年3月28日

  • 所在地:20 Lengkok Bahru, #01-14 Enabling Village, Singapore 159053

  • 代表者:Alan Lai

  • 事業内容:食品素材の特徴を認識するBtoBプラットフォームの構築

  • 公式サイト:https://theprofileprint.com/

  • 出資時期:2022年1月


■リアルテックファンドについて

地球や人類の課題解決に資する革新的テクノロジーを有するスタートアップ(リアルテックベンチャー)への投資育成を行うベンチャーキャピタルファンドです。国内外の政府・企業・自治体と密に連携し、技術の社会実装を最速・最大化させるためにフルハンズオンで支援を行っています。これまで200億円以上を運用し、国内外のスタートアップ60社以上に投資しています。 2021年には、ディープテック領域に投資するファンドとしては日本で初めてのインパクト投資ファンドを設立しました。


■リアルテックホールディングスについて

地球や人類の課題解決に資する革新的テクノロジー(リアルテック)の社会実装を目指して創設された、株式会社ユーグレナと株式会社リバネスの合弁企業です。研究開発型スタートアップとして幾多の困難を乗り越えてきたユーグレナと、研究から技術の社会実装への包括的な支援を行うリバネスの知見を活かし、投資育成などの事業を行っています。

HP: https://www.realtech.holdings


<お問い合わせ先>

リアルテックホールディングス株式会社

広報担当:成田 

https://www.realtech.holdings/contact