top of page

リアル開催としては3年ぶりとなるREAL TECH Year-End Party 2022を開催



リアルテックホールディングス株式会社(所在地:東京都墨田区、代表:丸幸弘、永田暁彦、以下:「当社」)は、12月7日に『REAL TECH Year-End Party 2022』を株式会社オリィ研究所が運営する『分身ロボットカフェ DAWN ver.β』にて開催致しました。リアル会場での開催は3年ぶりとなり、リアルテックファンドが投資支援するリアルテックベンチャー各社と、ファンド出資者である大企業が一堂に介し、各種プログラムを通して連携を強化しました。



当日のプログラム


【第一部】

1. REAL TECH Holdings 2022 Review

リアルテックホールディングス取締役社長の藤井および永田・丸より、リアルテックホールディングスの今年の活動報告と今後の展望についてお話ししました。


2. Startup Product Presentation

特にこの1年間、素晴らしい成長を遂げ、組合員の皆様にぜひとも熱いプレゼンテーションを実施したいと申し出があった13のベンチャーに登壇いただきました。

<登壇ベンチャー>

・オリィ研究所

・WOTA

・シンクランド

・KAICO

・aba

・建ロボ

・Ashirase

・Extrabold

・ARK

・ハドラス

・インテグリカルチャー

・プランテックス

・Karana


3. プロダクト体験

会場内に設置された各ブースでベンチャー企業のプロダクトを実際に体験していただいたり、経営者と直接対話できる機会となりました。


4. トークセッション「リアルテック出向例から考える越境リーダーシップ育成」

これまで出向プログラムを実施頂いた荏原製作所と池田泉州銀行から出向担当者の皆様をお招きして、リアルテック出向経験者の皆様と共に、異なる企業間での学びの意義や新時代のリーダーシップの在り方についてトークセッションを行いました。

<登壇者>

・​​衛藤 章司 (出向担当者)池田泉州銀行 地域共創イノベーション部長

・武川 敏也(出向経験者) 池田泉州銀行 地域共創イノベーション部次長

・杉谷 周彦(出向担当者) 荏原製作所 マーケティング統括部 次世代事業開発推進部長

・小坂 翔(現出向者) 荏原製作所 マーケティング統括部 次世代事業開発推進部 マリンソリューション課

<ファシリテーター>

・リアルテックファンド 共同代表 永田 暁彦

・リアルテックファンド 共同代表 丸 幸弘


【第二部】

懇親会では第一部でピッチ行ったプランテックス社やKarana社の商品も試食いただきました。



リアルテックファンドはこれからも、大企業の協力を頂きながら、リアルテックベンチャーと共に世界を変えるべく全力で走り続けます。


bottom of page