武田 隆太

サイエンス・ブリッジ・コミュニケーター

米国The Ohio State Universityにて植物病原体の構造を研究し、2011年にPh.D.取得。リバネス入社後は人材開発事業部部長、国際開発事業部部長を経て、グローバルブリッジ研究センター・センター長に就任。リバネスの各事業の海外戦略、特に大学発のディープテクノロジーの発掘・育成を行う「TECH PLANTER」の10カ国展開に寄与。海外、特に国系機関のインキュベータ、アクセラレータとの広範なネットワークを持ち、現在は東南アジアのディープイシューを日本の科学技術で解決する場の創出に携わる。

武田 隆太.jpg